注目候補の政策評価

市民自治(2/3)

マニフェスト②【行政区への市民参加を強め、合区を前提としない総合区制度を導入できるところから導入!】
市から区への「都市内分権」を進めよう。合区を前提とせず、権限と財源を市から移譲した総合区を、導入できる区から導入しよう。市会の中に、区選出の議員によって区の事業や予算を審議する各区の常任委員会を設置しよう。市長、区長には区政会議の答申内容を尊重するよう義務づけ、市民は自分たちの意見が実現されるという実感を持てるようにしよう。
しみんマニフェストとの政策一致率
 市民自治分野  吉村洋文氏 柳本あきら氏
一致率
8
32


しみんマニフェスト 吉村洋文氏 柳本あきら氏
②-1

 

行政区への分権を進める。総合区は規模等で一律に指定はしない。総合区には、地域の実情に応じた権限と財源を条例に基づいて移譲する。
②-2
市会に、区選出市会議員による、区別の常任委員会を設置できることにする。区の事業や予算は○○区常任委員会で審議する。○○区常任委員会は総合区には必置とする。
②-3
「区政会議の充実」が明記されているが、「充実」する内容が不明。「住民自治の拡充」として「タウンミーティングの開催」が謳われているが、「タウンミーティング」の位置づけが不明。「地域の自立支援」が謳われているが、その内容が不明で、むしろ「自立」を名目としたコストカットだけを意味する可能性も考えておく必要がある。

区政会議への市長・区長の諮問義務を課し、区政会議の答申権・建議権を確立する。地域活動協議会とのリンクを確立し、地域のニーズ・活動の交流を図る。

 

政策提言