注目候補の政策評価

市民自治(3/3)

マニフェスト③【市政改革プランについて、小学校区単位での市民素案を作成、提起、実施、見直しをする】
厳しい財政、超高齢化の加速が待つこれからの時代、様々な厳しい選択が市民に迫られてくるでしょう。コンサルタント会社に丸投げして決められたような、お仕着せの政策パッケージを追認するだけの名ばかりの「市民自治」から脱却しよう。これからは厳しい政策でも、身の丈に合った自分たちなりの「市政改革プラン」を自分たちで練り上げ、「いややけど納得の上で選択する」というプロセス、構えが大事。
しみんマニフェストとの政策一致率
 市民自治分野  吉村洋文氏 柳本あきら氏
一致率
8
32


しみんマニフェスト 吉村洋文氏 柳本あきら氏
③-1

 


区政会議の検証と見直し/予算編成過程への住民参加のしくみの構築が明記されている。その一方で議会改革については記載がない。市民ラウンドテーブルに該当する項目は記載がない。

議会改革・市民ラウンドテーブル・区政会議の強化・地域活動協議会へのエンパワメントで重層的な市民自治システムを確立する。
③-2
総合計画・市政改革など市政の根幹に関わる計画づくりは、重層的な市民参加システムが立案段階から積極的に関与し、市政の課題・目標について合意形成と共有を図る。自治基本条例、議会基本条例の策定をめざす。
③-3
市民参加システムには、大都市の特性により「拡大された市民」の考え方を適用する。定住外国人、事業者、通勤・通学者、NPO・NGO、少数者、観光客などの参加を配慮することである。


政策提言