注目候補の政策評価

文化(1/3)

マニフェスト①【すべての人に開かれた文化政策:文化を人間の基本的権利として位置づけた文化政策を推進する】
しみんマニフェストとの政策一致率
 文化分野  吉村洋文氏 柳本あきら氏
一致率 0
17

 

しみんマニフェスト 吉村洋文氏 柳本あきら氏
①-1

 

×

国際人権規約(A規約)、及びユネスコ(国連教育科学文化機関)「成人学習に関するハンブルグ宣言」の精神に則り、もっとも立場の弱い人の文化的権利の保障を、文化政策における義務と責任として規定する。それらの人が文化的生活にアクセスし、表現、交流、学習することを保障することが文化政策を目標とする。

①-2
文化行政の対象としては、芸術、学術に加えて識字などの「生活文化」も明確に対象として規定する。
①-3

×


「地域の歴史・伝統・文化」を学び、実践、継承する取組サポートとして、civic pride醸成を謳っている。その一方、上記①-1、①-2の視点が見当たらないため、civic prideの背景となる社会的包摂の視点について記載がない。
このような文化政策が、一人ひとりの個人の「生きざまを支える」ものとして機能し、結果として「この街、好きやわ」と住民が感得できること(civic pride)を実現することで、大阪の都市としての足腰を鍛えることを目指す。

 

政策提言